鬼殺し火炎ケツバット

アクセスカウンタ

zoom RSS 35夜「太陽は昇る」

<<   作成日時 : 2014/11/04 20:41   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

"夢が終われば朝が来る”





     * * *





大変長らくお待たせいたしました。
約3カ月も空いてしまいましたね。ここまでの間隔は過去最大化かと。
ツイッターやらなんやらで色々唸っておりましたが、ここまで時間がかかってしまった理由はしっかりと動画のクオリティに反映されていると思います。



同時に動画時間も最大ですね。昔15分越えない様にとか言っていた気がしますが。ハハッ、ゲイリー!
分割しようかとも思いましたが、TL内のとある方に諭されて勢いのまま一本で行くことにしました。
ちなみにバクスタの人です。ケージュさんサンクス!

今回はとにかく「クオリティ命!」ということで、主に殺陣ですが全体の雰囲気づくりのために全力を注ぎました。
それに見合う質になったかと判断しています。とにかく見てくれ! それだけだ!



【最終決戦】
@不撓不屈の有象無象 (〜殺陣直前まで)
・最初の闇みずかの暴威にさらされてるところは眼に悪いんじゃねーかなーと思いつつ作っていました。
ちなみにあのバリアはグローリアさんのスプライトを流用してますね。
自分の過ちと向き合い、夢を越えてゆくと決意を固めた神みずかと、なぜ作ったのかと受け入れられない闇みずか。
まぁぶっちゃけ理があるのは、というかそもそもの原因を作ったのは完全無欠に神みずかの方でありまして。
闇みずかの理を否定することはできません。なので一切合財相手の言葉を受け入れ、自分の非を認め、されどなお「己のわがままで」先へ進むと決めたのが神みずかです。
やってしまったことの責任はとらなければならないと、七夜がフランに言ったことと同じですな。

・抗原の方が脳筋ばっかというのは、もう、うん、ほっとけ。抗原じゃない方もほとんどそうなんだから。

・ちなみに私の作風というか癖として、なにかアクションを起こす時は無駄にかっこいいこと喋らせたくなる病があります。(類病:中二)
今回の神みずかが闇みずかの力を押さえる際の「凝(こご)れ万象……!」とかまさにそれですな。
そんな難しそうな言葉使わないよみずかは! 見かえすと恥ずかしい! でも気に入ってます。ほっとけ。
作成中に金蛇の人に語ったら生温かい反応をされました。ガッデム。

・そして殺陣へ。皆お待ちかねのBGMだぞ! 泣けよ!
やはり太陽は昇るは素晴らしい。無条件でテンションがあがります。戦闘というよりは、何もかもを越えていく希望に満ち溢れた曲という印象がありますね。
ここで画面サイズも4:3から16:9へと切り替え。この演出はずっとやりたいと思っていました。文字通り「世界が広がってゆく」表現ですな。


A全身全霊の殺陣を
・さて今回最大の目玉。太陽は昇る1曲を使ったまるまる5分半のアクションシーンです。まぁ常時動いてるわけではないですが。
実に作成時間は2カ月と半。純粋に製作期間の8割近くをこの殺陣に費やしています。
かなりハイスピードでの切り替わりもあったかと思いますし、個人的に折角これだけ労力を費やしたので画像つきで解説などをしてみましょう。

画像
画像
画像


先ずは第二期OPの配置より
解放組:承太郎(スタンドON) ジョンス(本気の構え) 花山(一撃準備) ケンシロウ(天破の構え) ソル(ドライン) フリズ(制限解除) 志貴(七夜チェンジ)
特攻組:K’、リュウ、ユウキ、咲夜、ロック、覇王丸
で向かっていきますが、闇みずかの展開した「万里の壁」によって弾かれます。

画像
画像


ビーム乱射を バックステッポゥ!

画像画像


どでかいビームを 撃ち返し(一つビームじゃねえから!)

画像画像画像

八極道の天墜と 兄妹のコンビネーションでぶっ飛ばし

画像
画像

ナイフを足場に配置すりゃ

画像
画像
画像
画像
画像



天地四方に 入り乱れ


画像
画像
画像
画像
画像
画像



そしてフルコース。ボコろう。ボコろう。―――そういうことになった。

この時点で万里の壁が崩壊。残すは若干のランクを下げられた「神みずか」。
K’がついに金グロ解放して戦闘に臨みます。
ぶっちゃけ神みずかそのものにはけーくんが金グロだろうと勝てませんので、ちとキャラをいじってあったり。
どういう風にmugen戦闘で勝てるように調整したか、わかるかな?


B夢の彼方のその先へ
・殺陣が激しかった分、最後の別れのシーンにはそこまで動きは入れていません。
静かに、静かに、ただ名残を惜しみながら、未来を見つめながら去ってゆく各世界のキャラ達の心情を感じて頂ければ幸いです。
ユウキは、まぁ、うん、ああいうヤツだからしょうがない。

・ちなみにさっきゅんが「刻の彼方」という単語を足しましたがあれは別に伏線でもなんでもなく、夢を越えたその先なら自分の能力的に――というただのメタ的ブラフです。
そもそも刻の彼方には咲夜さんの出演はありません。というか夢の彼方勢の出演はほぼありませんので。

・きょとんとしたフリズまじ天使



Cそして、
・ここまで足かけ4年と半年、ついに夢の彼方は次回で最終話を迎えます。
よくここまで作り切れたなという想いがありますが、やはりそれは見て頂いた方がいらっしゃったからというのが一番大きいものかと思います。
いつの間にやらストーリー界隈の中でもトップクラスに伸びているということになっているらしいですね。マジかと。
ラスト一話、今年中に完成させるつもりでいますので、どうぞ最後までお付き合いをお願い申し上げます。


エピローグは各世界での断片集。この夢で得たものが、現に確かな跡を残すことを信じて。
それでは、また。



ちなみに次回作ですが、今のところ夢の彼方レベルの長編は流石にもうやる気にはなりません。
なので刻の彼方もぶっちゃけ微妙。やるとするならかなり圧縮して1年〜1年半くらいでサクっと終わらせるようにプロットを組み直すつもりです。
拳客商売なら一話完結なのでやりやすいかもですねー。
まぁ少なくともまだ作品自体は作り続けるつもりです。

今の考えてる構想をチラっと示すとこんな感じ
@刻の彼方:夢の彼方の続編――だが誰も続投しないという(抗体兵器は一部続投)。
A拳客商売:4月バカで作った奴を動画化
B絶対に笑ってはいけないmugenストーリー24時:ギャグもやりてえんだよ!
C細かすぎて伝わらない改変キャラモノマネ:ギャグも(ry
Dこのmugenストーリーがすごい!:紹介もの。

まぁどれをやるかは神の味噌汁。

それでは、年末に完結できることを祈って。





     * * *





じお

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
大変見応えがありました! お疲れ様です!
 
2014/11/04 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
35夜「太陽は昇る」 鬼殺し火炎ケツバット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる