鬼殺し火炎ケツバット

アクセスカウンタ

zoom RSS 刻の彼方 第1話「寝ぼけ眼の夢うつつ」

<<   作成日時 : 2016/04/02 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

”夢を越えた先に明日があるのならば―――”





     * * *





エイプリルフールだよ!(強調

いいか、勘違いするんじゃない、これは4/1だ、エイプリルフールの動画なんだ、そこを間違えるな。
去年のこのゲス企画でやった際のアンチテーゼ、
”嘘予告ということが嘘だったのさ”というだけのものです。ハイ、続くのかどうかとはまた別問題なのです。



まぁ、とはいうものの、折角あげたのだし、いつも通り軽く解説などはやってみましょうか。


<刻の彼方とは>
・夢の彼方の続編のストーリー、という位置づけの物語。
前作とは異なり、今回焦点が当てられるのは”改変・アレンジキャラ”になります。
つまるところ、”可能性”のバリエーションについてのお話ですね。
第1話ではAKOFの面々が登場していましたが、予告OPでも示したように、その他の改変・アレンジキャラも出演が予定されているらしいですよ?

(世界観)
・まぁこれは予め明言しておきますが、舞台はエレル(夢の彼方)でもエレルエッダ(夢の彼方番外編)でもありません。
夢の彼方で語られた「浮き小島」としての世界が舞台となります。
可能性が流入するかとか、神みずかみたいなのがいるのかとか、そもそも何か作ったヤツがいるのかとか、その辺は完全にノーコメントで。
ちと最近シャドウランとかサイバーパンク系に傾倒しがちなので、その辺のエッセンスも入っている可能性もあるかもしれませんねえ。

(キャラクター)
・今回登場したのは5名。
KILL、スーラ、グリッツ、フラム、アネル。AKOF勢の顔ともいえる面々ですね。
アネルはラッカボルバーさんの立ち絵を、フラム、グリッツはナギさんの立ち絵、KILL、スーラはその両方を使用させて頂いております。
特にスーラに関しては非常に表情豊かで作っていて楽しかったです。
この1話だけで大体それぞれの立ち位置が分かるというのはなかなかに面白い。
番外編と同じく画面構成に関しては立ち絵を基本とし、ドット絵も絡めて行っております。
立ち絵を用いた戦闘演出なども面白そうですね。

(最後になんか出て来たの)
・なんか黒塗りの怪物っぽいの出てきましたね。なんでしょうあれ。抗体兵器でしょうか、それとも墨汁でも被っただけの敵でしょうか。
その答えは、まさしく神のみぞ知るといったところ―――


最後のイラストについては、夢の彼方終了時に田上ハルさんより頂きました。
謹んで感謝申し上げます。

画像


予告OPから描いていただいたものですね、素晴らしい!


ではまぁこんなところで。
エイプリル動画なんで、そんな語ることもないのです。
まぁ、来年にも何かあるんじゃないですかね。


     * * *

Q:で、続くの?
A:ブッダに祈ろう。甘酒とかあるといいんじゃないですかね。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
スーラのキャラ原案を出させて頂いた者で、T-Kと申します。

ラッカボルバーさんのスーラ絵と聞いて見に来てしまいましたw

最近MUGENストーリー動画にハマり始めているものの、
ネット環境が無くなかなか観られない日々…。
機会が作れたら是非刻の彼方や夢の彼方を観てみたいと思います。
T-K
2016/05/01 10:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
刻の彼方 第1話「寝ぼけ眼の夢うつつ」 鬼殺し火炎ケツバット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる