鬼殺し火炎ケツバット

アクセスカウンタ

zoom RSS 刻の彼方 第2話「行きずり未満の超特急」

<<   作成日時 : 2016/04/09 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

”燻る火種の先を追え”





     * * *





…………ええと、ハイ、こんにちは。
刻の彼方です、ええ、続きましたとも。



エイプリルネタなのかこれは!?と疑心暗鬼にさせたところを1週間後にどかんと不意を討つ予定だったのですが、というかまぁ一応そのようにやったのですが、なんかTLとかの反応だと

「やっぱり」
「まあそうよね」
「いつ我慢できなくなるかと」
「投稿しないわけねえよなあ」
「3話まだ?」

とか予定調和みてえな反応しやがってこの野郎共!! ガッデム!

まぁともあれ、ここより刻の彼方、正式開始とあいなります。
夢の彼方よりお付き合いを頂いている方、今作からご視聴頂ける方、どうぞよろしくお願い申し上げます。


<ここまでの経緯>
・実際去年の11月に番外編Bを投稿しましたが、ぶっちゃけもうあの時から製作は決定していました。
そりゃまああんな先に繋げるような終わり方をしてはねえ……
それからまるっと1月を素材集めに費やし、年明けから製作に取り掛かったというわけです。
今回エイプリル企画ができなかったのは純粋にそっちに割く労力がなかったからですね。
ちなみに、「作り貯めた」と言ったからには、つまりはそういうことなのである。
現在既に○話までは完成し、投稿を待つ状態となっているのですネ! どこまでできてるかは秘密だ!
早くお見せしたいのはヤマヤマですが、定期更新を守る方が皆さん嬉しいかと思いますので、今回は夢の彼方のような更新詐欺は(あまり)せず、しっかり投稿日を指定していこうかなと考えています。
なので次回は5/1ですな。多分、きっと、もしかしたら。

<予告OPからの変更点>
・番外編B投稿より製作にとりかかるに辺り、プロットを再構築しました。
特に今回は前作とは異なり「寄り道しない本筋一本」のストーリーとなります。
理由としては単純に長くしないため、また5年もかかると流石に年齢の問題や仕事への影響も出てきてしまいますので、なるべくコンパクト(とはいえ50話は余裕で越える計算ですが)にしていきたいと思います。

・その方向性を受けて、登場キャラの数も絞ることに。夢の彼方ではあまりにも多すぎましたからねえ。
敵キャラを減らすのももちろんの事、味方陣営も数名減らしました。
その結果、予告OPで出ていたK-BLOOD君はリストラです。すまんな!
理由としてはKILLにーちゃんと立ち位置がかぶりがちなことと、声が七夜なこと
敵で七夜改変も出てくる予定なので、戦わせるとカオスなことになりそうでしたからね!
なので、既にコメントでご指摘頂いているようですが、
予告OPでのこのシーンが
画像


こう変更されました(K-BLOOD削除)
画像


しかし予告OP時ではなんで背景がフリズの部屋になってたんだこれ(今気づいた)
こんな具合で予告OPとはちょこちょこ違う部分が出てくるやもしれませんが、それは随時コメントで注釈つけていきますので。



2話解説
<story>
・さて、ここからは最新話の解説を。
前回で突如出現した抗体兵器(仮名)とのバトルですが、順当に味方陣営が勝利。
しかし無限とも思えるリポップを果たす黒影に対して撤退、その後影の正体を掴むために、組織とのつながりがないのかを確認するために新しい目標を立てる……というところまでがグリッツたちのパートです。
今作、特に1部ではAKOF勢がメインとなるため、個々のキャラの設定や背景を知っておくとより楽しむことができます。
とはいえ商業作品ではないため、ご存じない方もより多いかと思います。
なので今作は最後にキャラ紹介みたいなものを付けているわけで。
むしろこれで興味を持って頂ければ幸い、是非にAKOFの世界に乗り込んでみてくださいネ。

(agni)
・明らかになった敵の1人。組織の幹部、灼爛炎帝agni。
キャラ設定的にはKILLのストーリーのラスボスですね。
動画内でも語られていますが、マッドサイエンティストかつ超強力な異能持ちです。まぁイグニスやゼロみたいなものと思っていただければ。

・そして今回このキャラが出てきましたが、刻の彼方はBLACKさんのストーリーとA-KUEさんの「知られざる研究所」編の2つのAKOFストーリーを叩き台にしてミックスした世界観が舞台となります。
どちらもストーリー全容はまだ完全に開示されてはいませんが。
所属的には、KILLとagniがBLACKさんのストーリー、アネル、オーガスト、マーガレットがA-KUEさんのストーリーでのキャラとなりますね。

ちなみにKILLはまだグリッツに話してないことが幾つかあったりします。
嘘ついたってほどじゃないですが、まぁ好感度ポイントが足らなかったんでしょう。


(オーガストとマーガレット)
・さてこちらは知られざる研究所編の登場人物。
グリッツらと同じく組織からの脱走者と思しき2人が合流するパートです。
どちらもキャラとしてお気に入りなキャラでしたが、立ち絵がありませんでした(マーガレットは実はちょびっとあったけれど)
そこで今回、普段から色々と素敵なイラストを頂戴している田上ハル様に、この二人の立ち絵を描いていただきました。
その可愛さに打ち震えるがいい!! 天下とれますよこれは!!

画像
画像

差分は表情、腕の動きなどを合算するとマジで100を軽く超えてるので、これから彼女たちの活躍にも期待してください!
いやぁ眼福ですね。
この場を借りて再度五体投地申し上げます。

・まぁ実際なんか二人ともハイライト消して怖いこと言ってるわけなんですがね!
アネルを殺すために旅をしているオーガストと、”お姉ちゃん”の情報を掴むためにアネルを探しているマーガレット、どんな旅路になるのでしょうか
ちなみにコメントでもありましたが、(設定的な)戦力としてはこの二人、オーガストの方が勝ります。
調べてみると面白いかもしれませんが、マジでとんでもない能力持ちなんでコイツ……


今回はこんなところでひとつ。
久々、と言うわけでもないですが、再度長編ストーリーを始めるにあたり、身の引き締まる思いもしています。
夢の彼方を見ていないとちょっと分かりにくい部分もこれから出てくるかと思いますので、是非今作からご視聴を始められる方は、前作もよろしくお願いいたします。
ホントは今作が独立して楽しめればよいんですが、一応正式続編なので、絡みも多いのだ、すまない。
よろしくお願いいたします。





     * * *





げおって読んだらコロス







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
刻の彼方 第2話「行きずり未満の超特急」 鬼殺し火炎ケツバット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる