鬼殺し火炎ケツバット

アクセスカウンタ

zoom RSS 刻の彼方 第7話「虚ろな夢の果てより」

<<   作成日時 : 2016/08/15 19:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

"それは、未だ現より遠い―――"





     * * *





お待たせいたしました。
お盆を挟むので8月は月2ということになります。
9月もシルバーウィークあるので2回あげようと思ったのですが、ちと月末に大きな仕事を抱えているので
それは無理そうです。
いやあげられる話数は作りおいてあるのですがね?



ともあれ本編をどうぞ。
コメントも既に確認しておりますが、ふふふ、阿鼻叫喚も始まっている様で何よりです。


<story>
さて、今回のチャートとしては
@撤退戦
A不可思議な場所の発見と調査
Bヴァンガード強襲、agni到着
の、3パートからなっています。

@撤退戦
・戦いは数だよ兄貴!
kaneとネスツの機人だけでも手に余りすぎるというのに、噛みついてくるオーガストに加えて黒影も現れたのではたまらない。
一目散に逃走です。
ここでの対立の図としては、

オーガスト・マーガレット→アネル達←kaneはじめ機人(オーガスト達も標的)
                  ↑
                 黒影

という具合。
どうにも黒影は「グリッツ・フラム・スーラ」を選択的に狙っているようですね。
もちろん、その他の者が殴れば殴り返してはきますが。
ともあれ数にも質にも押されて撤退です。
アネルはオーガストに押されていましたが、無理やり黒影の群れに突っ込んで乱戦に巻き込んだ形になりますね。
逃げるシーンは立体機動みたいな殺陣やろっかなーと思いましたが、作業が死ぬのでやめたという。

A不可思議な場所
・山中に臨む、鳥居。
別段山中に鳥居含む神社があること自体はおかしくはありません。
しかしどうにも周囲と全く違う、まるで「他の場所から切り取られてきたかのような」場所という違和感。
夢の彼方の視聴者はよくご存じの事でしょう。
あの場所の背景画像は、エレルでの博麗神社と同じものです。(ここが博麗神社、と断言したわけではないですよ)
加えて本殿に浮かぶは情報虚穴。
エレル崩壊直前に姿を見せた可能性チャネルの可視化部分である。
そして、その中から覗き見えるのは……?

というわけで、今回最大のポイントです。
夢の彼方をご覧になっていない方にはなんのこっちゃ、でしょうが、まぁ雰囲気だけ感じて頂ければ。
本来ならば前作を見ていない人にも分かるものにする……という方が親切だというのは十二分に理解しておりますが、
やはり刻の彼方は夢の彼方の続編ですので、前作を視聴した、という前提で作ってあります。
未視聴の方はぜひこの機会にご覧いただければと思います。

穴の中に覗き見えた景色、そして、黒影が流入する前に映った姿、あれは―――
繋がっている先がエレルなのか、それとも。
情報の海においては時間軸に意味はありません。
まだ崩壊する前のエレルに繋がったのか、それとも……?

B強襲、ヴァンガード!
・とまぁ、黒影に騒いでいる場合ではありません。
出てきました、新しいネームド。
”苔生す巌” ヴァンガードゼロ。
設定的にはゼロの亜種ですね。どちらかといえばクローンゼロの亜種。ロボゼロみたいな?
ぶっちゃけセリフとかの資料がほとんどないのでキャラ付けに関しては刻の彼方オリジナルです、ご容赦ください。
黒影の奇襲に浮足立ったところを、先ずオーガストを仕留めにかかりましたが、マーガレットがインターセプト。
彼女は重傷を負いましたがオーガストは無傷です。
と、いうのもやはりこの面子の中ではオーガストが一際抜けて(設定的に)強いため。
前回のキャラ紹介でもありましたが、奴は炎による絶対切断”クサナギノツルギ”と、あらゆる攻撃を防ぐ絶対防御”ヤサカニノマガタマ”をコピーして使えるからですね。
つまり攻守隙なし、炎や氷など異能による攻撃は絶対防御でシャットアウトされ、逆にオーガストの攻撃は同等に近い威力の異能で相殺しなければならないというチートオブチートなのです。
設定的にはagniともふつーにタイマン張れるレベル。

なので無力化を狙ったわけですが、マーガレットが防ぎました。
彼女の”最後の砦”として、「自分を知っている人がこれ以上いなくなるのが嫌だ」というのが明らかになりましたね。
なぜそう思うのかは、これから掘り下げられていくでしょう。
まだ3日と一緒に過ごしていない彼女が身を挺して自分を守ったことにオーガストの心は揺れます。
精神は幼いオーガストにとって、マーガレットはどんなウェイトを占めるのでしょか。

と、美しい話に行くわけもなく、ここでついにagniの登場です。
次回、KILLとの因縁がどうなるか……?
”灼爛炎帝”の名に恥じぬ暴君の力をお楽しみに。



こんな具合でしょうか。
次回は8月最終金曜日を予定しています。
9月上旬とか動画に書いた気がしますが、うん、シルバーウィークにはあげられないので前倒しです。
8月2回の9月1回投稿で勘弁してくれ・・・・・!
ですので、えーと、次回は8/28(金)ですかね。
バトルのはじまりだー!





     * * *




水着マルタさんください

じお



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
刻の彼方 第7話「虚ろな夢の果てより」 鬼殺し火炎ケツバット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる