鬼殺し火炎ケツバット

アクセスカウンタ

zoom RSS 刻の彼方 第14話「太陽の簒奪者」

<<   作成日時 : 2017/01/29 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

”お前たちの荒々しい夢を今奪い去る”




     * * *





お待たせしました。
今度はちゃんと更新予告通りですネ!
刻の彼方14話をお届けいたします



ちょっと動画時間は短いですが、久々の殺陣もあって満足です。



<story>
さて、今回のセクションとしては
@メルド・ネージュVSフェイダル
Aアネル・グリッツVSG_Raging
の2つに分けられます。
KILLとスーラの方は今回焦点はそこまで当たっていませんね。

@メルド・ネージュVSフェイダル
殺陣! 殺陣! 殺陣!
いやぁ久しぶりに作りました。メルドの動きはオズワ先生が元になっているため、一つ一つの挙動がキビキビしていてすごいかっこいいのですが、それ故に中割りの部分が少なく、苦労した部分もありました。
逆にネージュは中割り動作が結構豊富で、動きの繋ぎを考慮することは少なく済みました。
動作としては、
画像


フェイダルの波動弾をメルドのワイヤーで切り払った後、

画像


ネージュが背後からアンブッシュを仕掛けますが、読まれてふっ飛ばされ、

画像


そこをメルドがカバー。ワイヤーアクションで飛び戻り、

画像


数合の後、さらに背後からのネージュの一閃は回避され――という流れですね。
個人的にはふっ飛ばされたネージュをメルドが空中で確保し、柱にワイヤーを巻きつけてぐるりとまた飛び戻る動きはよくできたかと思ってます。どや?


・劣勢ではあるものの、なんとか食い下がる二人ですが、しかしここでフェイダルより問いかけが。

「なぜお前(メルド)はネージュを助けたのか?」

4話でもメルドが答えられなかったことであります。
実はこれ、メルドのキャラのreadmeにも書いてないことなのですね。
なぜ、組織の暗殺者として動いていた彼女が、ネージュだけを助けたのか。
それが「気まぐれ」だという理由にせよ、そんな設定はどこにも書いてありませんでした。
事実として、メルドはネージュ・ペブルを研究所より逃がしたと、それだけがあります。
そうしてフェイダルは「俺達」とも言っていました。
夢の彼方からご覧頂いている視聴者の方々にはもう察しがつくことでしょう。
それを言葉として明言される回は、もうすぐそこまで迫ってきています―――


Aグリッツ・アネル側。
最後のシーンのみですが、こちらも重要な転機です。
グリッツを救出に回し、アネルはG_Ragingとの相対を決意します。
単純な能力では出力としてアネルが劣りますが、”オロチの力”としての質は互角以上。
オーガストを除けば味方側最大戦力として、二重属性持ちに挑むのは当然ではありますが、ここで。

ついに出てきましたとも、ゾディアック・ロランジュ(CV緑川)
前回、前々回でもちょこっと顔見せはしておりましたが。強いぞコイツは(真顔)
ロランジュの一族の因縁、ここに”はじまる”。

さて、次回は2月終わりです。
3月は更新お休みで、4/1に一つあげる予定ですので、そんな先行きで、ひとつ。

では、また次回お会いしましょう。





     * * *





じお

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
刻の彼方 第14話「太陽の簒奪者」 鬼殺し火炎ケツバット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる